« すし匠まさ | トップページ | メゾン・カシュカシュ »

2008年10月 4日 (土)

万歴龍呼堂

万歴龍呼堂は麻布十番の新一の橋交差点を赤羽橋へ向かって二つ目の交差点を右折した所にあります。

前面ガラス張りで中央に木の扉があります。中は弱い照明なので、うっすらと中が見える程度です。

2 内装はモダンで、中央に大きなカウンターがあり、人数によっては向かい合って座ることも出来ます。ちょうど外人の家族四人が来ていましたが、仲良く食事をしていました。

小さいお子さんは入店出来ない所も多いい中、4~5の子供さんがおとなしく最後まで食事を楽しんでいました。

コースは15000円を注文しましたが、料理の前にすべての食材を見せて頂きました。3_2

料理長は京都の祇園で10年以上修行をして来たそうです。

器はオリジナル食器と宮内庁ご用達の山田平安堂の漆器を使用しています。

食事と器がとてもマッチして、お料理がとても引き立ちます。

1 まぐろや鯛のうす切り造り、みょうがやめねぎをまいて塩で、季節野菜の焼き物、魚の焼き物等等・・・

最後はやわらかい牛のステーキ。

とても満足しました。

« すし匠まさ | トップページ | メゾン・カシュカシュ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万歴龍呼堂:

« すし匠まさ | トップページ | メゾン・カシュカシュ »

無料ブログはココログ