2010年6月23日 (水)

オオハラ・エ・シ・アイイー西麻布

Photo

西麻布のオオハラ・エ・シ・アイイーです。

地下一階のフレンチです。 お店の前にはダルマットがあります。

ちょっと先には前回お伺いしたラ・グラップが・・・

Photo_2

店内は白を基調とした、スッキリとした内装です。

スタッフはソムリエ兼の方がいい感じでお話してくれました。

料理は大原シェフと他2名

プルフィックスコースで7000円と5000円のコースを選び、お肉はシェアーしてもらいました。

Photo_3

オードブルはオマールエビのコンソメキャビア添え

2010年4月21日 (水)

ラ・グラップ 西麻布

Photo

 西麻布の交差点から徒歩3分程、大通りの喧噪から抜けた裏路地に建つフレンチレストラン。オーナーシェフを務めるのは、数々の有名シェフを輩出した表参道のフレンチレストラン「アンフォール」、代官山の「ラブレー」の料理長を経て、晴れて独立を果たした加藤清和さんです。

店内の床やテーブル、イスなどは使い込まれた木を基調としたもの。親しみやすい雰囲気を醸し出しています。

Photo_2

料理はアラカルトで頂きました。

まずは定番の人参ムースコンソメジュレうに添えから。思ったより量が多く

食べ応えがありました。

そのあとは鱒のポアレとアイスランド産仔羊背肉のロースト 彩とりどりの鎌倉野菜添え を頂きました。

どちらも大変美味しかったです。

Photo_3

ワインはシャルドネのグラスとシャンポールミジュニーのボトルを開けました。

Photo

デザートは、プティトマトのコンポートとグラニテ ベルベンヌのシャーベット添え 。

すっきりした甘さで、お腹が一杯でもとても美味しく頂けました。

2010年3月17日 (水)

ガラリ

Photo

神宮前のガラリです。

西通りの原宿団地北の交差点を曲がって60Mほどの所。

チョット脇道なのでわかりずらい。

確かこの辺は前に行った、赤寶亭のある所?

古民家を改装した洒落た居酒屋という感じ。

綺麗なお姉さんが案内してくれました。

8時頃になると、もう満席です。なかなかの人気店。

Photo_2

料理はアラカルトで、カツオのたたき、出し巻きタマゴ、春野菜の蒸し焼き、焼きそら豆、牛ヒレの炭焼き、どれも一工夫あって美味しかったです。

最後の焼きおにぎりは大きすぎてショッパすぎたのが残念!

2010年3月16日 (火)

イルピノーロ銀座

Photo

銀座本通り、H&M前、ビルの9階です。

ランチに伺いました。

コースは4コースありますが、3800円コースを選びました。

Special Lunch スペシャルランチ

   Antipasto
・前菜2種の盛り合わせ

   Primi
・パスタは4種類よりお選び頂けます
 (日替わり)種類の詳細は直接お問い合わせ下さい

   Pasce
・お魚料理

   Carne
・お肉料理

   Dolce
・本日のデザート

   Caffe o Te
・お好みのコーヒー 又は 紅茶

パスタはイセエビの手打ちパスタ(+500円)

手打ちは少々アルデンテでもちもちで美味しかった。

魚は鱒でチョットかな?

お肉は牛のワイン煮込み、美味しかったです。

全体的にリーズナブルでしかも味も満足でした。

Photo_2

2010年3月 4日 (木)

プロヴィナージュ 六本木

Photo

六本木ヒルズ近く。 

チョット古めのビルの二階。六本木通り沿いです。

Photo_2

ワインは豊富で、ブルゴーニュワインも手頃価格で飲めそうなので、行ってみました。

コースは5000円コースのみですが、二種類のコースをまたシュアしてくれます。

ソムリエさんはとても感じのよさそうな人。

ワインはシャンポールミュジニで選んでもらいました。

ローランルージェが今日の料理に合うとの事。

なにか牡蠣にもとても良く合うとの事で一つ頂きました。

Photo_3

メインは魚料理とお肉。 どちらも美味しく頂きました。

お肉料理は

スモークした金華豚のロースト

オレンジと生姜のソース

牡蠣のリゾット添え

でした。

Photo_4

2010年2月 3日 (水)

阿部 赤坂

Photo_3 

「阿部」は山形庄内の温泉宿「亀や」の東京店です。

食材は全て山形から送られて、山形にこだわっているようですね!

チョット解りにくい場所で、TELで説明されても、少し迷いました。

入口もイチゲンさんはまず入らないのでは?

店内木の感じでとても落ち着きます。スタッフの対応も良かったですねー

料理はコースで8925円の以下のようです。

先付     天豆蕨粉寄せ

お椀     真鯛安平

造里     本日の鮮魚のお造里

焼き物 八寸   鰆 筍 蕗味噌焼き

メイン    山形牛と穴子のカツレツ
       
食事     庄内米の湯葉粥 二色餡かけ

甘味     甘味盛合わせ

 

真鯛安平は美味しかったけど、少し大きかったかな?
本日の鮮魚のお造 新鮮で美味しかった~

山形牛と穴子のカツレツ 出来れば山形牛の素材が生きたお料理が

頂きたかったです。

庄内米の湯葉粥 二色餡かけ  お腹一杯だったけどとても美味しく

頂きました。

2009年12月 9日 (水)

龍吟 六本木

Photo 8時頃伺いましたが、席はほとんど満席の状態。

前回は1年ほど前で、まだ改装する前でしたので、あまりの変化にビックリ

Photo_2 前より壁紙等はシックなのですが、装飾の絵やお皿がかなり派手でなよう?

以前より外国のお客さんが多いように思われます。

お料理はお任せの1コースのみ。23100円で以前より2500円ほどアップかな?

そのぶんスタッフが増えたようで、なんか多すぎるほどです。

まずは蒸し鮑と下にはエビイモのあげたもの
鮑が凄く柔らかく、カリッとした中のふっくらのおいも。美味しいです。

Photo_3 冷たい茶碗蒸し、上には北海道産のウニ、ジュレは甲殻類のジュレとのこと。濃厚だけどジュレがさっぱりで美味しい!何よりウニのお味が濃くて甘い!今頃の美味しいウニだとかなり高価なのでは

あん肝のぬた。上にあん肝が一杯! わけぎのぬたによく合っておいしい事!

お椀は松葉ガニの味噌と身がたっぷり入ったしんじょと上には焼き松葉ガニがドーンと載っています。一番出汁だけあって、美味しい。

Photo_4 お造りは伊勢海老と大間のトロとヒラメ、イカ!
伊勢海老はねっとり凄い!甘いしお味が濃い!
ヒラメも肉厚で甘く、イカには海苔を合わせてお塩で・・・
大間の本マグロのトロ! 

めてかも!からすみ大好きな彼は出てきた瞬間にニンマリ☆

お魚は甘鯛 表面にあげたお米が貼りついていてとても香ばしくて美味。上に載っているのは蒸し栗をすりおろしたそう。栗の甘みとお米の香ばしさと柔らかな甘鯛がなんともいえぬ絶妙な加減でした。

お肉はカモ。 回りは少々カリッとして、とても柔らかくジュウシーなお肉で、初めて美味しいカモを頂いたって言う感じかな?付け合わせは蕪の田楽。

どれもとても美味しかったですが、チョット懲りすぎの感もあり、龍吟さんこれから、どこに行くんでしょうか??

2009年10月21日 (水)

赤寶亭 外苑前

Photo 赤寶亭 行ってきました~

今年はじめてミシェラン☆をとりました。

外苑西通りの原宿団地北の信号を原宿方面に入って30mほど行った所。

小さな赤い看板が見えます。

二階に上がると小さな坪庭のあるテーブル席。

落ち着いた雰囲気ですが、まだお客さんはいませんでした。

コースは10500円のを注文しました。

最初の八寸は秋の雰囲気で、目も楽しませて頂きました。

イクラのミニ丼、お造り、椀物等少し京料理を取り入れたような上品な味です。

また小あゆはから揚げになっていてとても香ばしく初めて食べた味で感動しました。

コースは一番下のコースだったので、食材は高級感はなかったけど

十分満足できました。

2009年10月10日 (土)

小笠原伯爵邸

Photo_2 東京メトロの大江戸線若松河田駅の河田口を出てすぐにありますが、看板も出てないし少し探しました。

スペイン料理ですが、フレンチやイタも取り入れた料理と聞いて伺ってみました。

外観はかなり古めかしいのですが、レストランの中はかなり落ち着いた雰囲気で、回りの方が気にならないほどゆったりしています。

料理はコースで105000円コース内容はだいたい以下な感じ


アホブランコの優しいクレマハンベジョータのクルヒエンテと
アルスア・ウジョアチーズで覆たスティック



鰯のローズマリー風味
白いんげん豆の繊細なピューレ ユーカリの気泡



ブルーベリーのガスパチョ
小海老 柑橘のアクセント



古代黒米のアロス
やり烏賊とソブラサーダソーセージのソフリト
液体サフランと共に



葡萄の小枝で焼いた砂肝の薄片
赤座海老の覆い ヴェラ産ピメントンのアリオリ



フォアグラのプランチャ 葡萄のソース
ブラウンシュガーの砂 おろしたマカデミアナッツ



黄はた 焼き茄子のフゴ
ロドサ産ピキージョピーマン



イベリコ・セクレト きのこのソテー
栗のクレモソ アモンティヤードのソース



柚子のブラン・マンジェ


栗とアッサムのルリジューズ
柿のソテーとオレンジのアイス

どれも新鮮で美味しかった~

ただワインがテンプラニーリョをオーダーしたのだけれど、チョット期待はずれ??かな?

2009年9月16日 (水)

奈可久 鮨

Photo 今回は六本木の鮨店「奈可久」です。

ミッドタウンの真ん前の地下一階で、地理的にはかなり便利な場所で、その割には割安な鮨屋さんと聞いて伺ったのですが・・・

Photo_2

噂の氷柱は思ったより貧弱

大将の話では今の時間では半分になってしまうと事?

最初に出されたタコの桜煮は味が濃くてイマイチ?

その後 鯛・ヒラメのお造り、しらうお等々 アナゴは甘辛のタレずけ、その後の握りは中トロ・ヒラメ・イワシ・アナゴ等であまり摘みと変化なし。

もう少し工夫があっていいのでは?

シャリは白酢で硬さは丁度です。 15000円のコースで可か不可かは微妙でした。

六本木の場所がらとは言え、バブリーっぽてるオヤジの声がやけに耳に付きました。 です。

«石かわ 神楽坂

無料ブログはココログ